スポンサーリンク

全国制覇を後輩に託す魚住が涙ぐむシーン

魚住純の名シーン

引退が決まった陵南3年メンバーが後輩に夢を託すシーン

『スラムダンク』 第21巻

シーン解説

決勝リーグで湘北に敗北した陵南・・・。
引退となる3年が後輩に向けて想いを残します。

主将・魚住は高校卒業後、進学はせず修行を始めることを伝えます。

「18になったら修行を始める」

何の修行かというと・・・


「オレの夢……板前だ!!」


そして後輩に自分たちの願いを託します。

「オレたちの代ではつかみそこねたが…次こそはお前らが…」

感極まって言葉にならない魚住。
どの高校もですが、それだけ全国制覇に対する思いは強かったと感じさせられます。


言葉に詰まる魚住は、池上にバトンタッチ。

あっさり言葉にする池上

しっかりオチも外さないですね。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。

コメント

  1. アッチャフン より:

    これを ゴリが後から言っただろシチュエーションは違うだろうけど

  2. アッチャフン より:

    これを ゴリが後同じから言っただろシチュエーションは違うだろうけど

  3. アッチャフン より:

    次こそはお前らが全 赤木さん ゴリ お兄ちゃん 先輩 タッチ

  4. 匿名 より:

    めがねくんに タッチしてめがねくんが全国制覇を目指してくれ

  5. 吉宗 より:

    ゴリはプライド高そうだから言わないなたぶん

  6. アッチャフン より:

    ゴリプライド高いから言わないか