スポンサーリンク

「日本一のプレイヤーになりたいのか?流川。 なるがいいさ。オレのいない日本でな」

沢北栄治の名言

「日本一のプレイヤーになりたいのか?流川。
 なるがいいさ。オレのいない日本でな」
『スラムダンク』 / 沢北栄治
『スラムダンク』 第29巻

シーン解説

桜木が流川に対して「日本一」という言葉を発していたことに気づいた沢北。

そのことで流川に声をかけます。


「日本一?」


「日本一のプレイヤーになりたいのか? 流川」

流川が素晴らしい選手であることは認め、日本一になることもでき得ると感じた沢北。
自分が日本一のプレイヤーと自負している沢北は、流川にこんな言葉を言い放ちます。


「なるがいいさ。オレのいない日本でな」


「夏が終わったらオレはアメリカだ」

この大会を終えたら、日本ではなくアメリカへ発つという沢北。
もちろんこの試合でも勝ちは譲らないと流川につきつけたセリフでした。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。