スポンサーリンク

「アメリカに行っちまう前によ。神奈川の流川という芽を叩き潰しておかないと」

沢北栄治の名言

「アメリカに行っちまう前によ。
 神奈川の流川という芽を叩き潰しておかないと」
『スラムダンク』 / 沢北栄治
『スラムダンク』 第29巻

シーン解説

この大会が終わったら日本を離れ、アメリカへ行くという沢北。
「なるがいいさ。オレのいない日本でな」

それを受けた流川は衝撃を受けます。

そんな流川に沢北は続けます。


「行く前に知ってよかったぜ。
 お前みたいな1年生が出てきたって事を。」


「忘れ物する訳にはいかねーからな。
 アメリカに行っちまう前によ」



「神奈川の流川という芽を叩き潰しておかないと」


そして流川からボールをスティールし、そのまま――



ダンクを決める沢北


ムラがある沢北ですが、やはりその実力は王者・山王でエースと言われるだけあります。
ここから流川を翻弄するかのように実力差を見せつけてきたのでした。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。