桜木と流川がタッチを交わすシーン

流川楓の名シーン

山王戦のラストシーン

『スラムダンク』 第31巻

スラムダンク (31) (ジャンプ・コミックス)

シーン解説

山王戦でブザービーターを決めた桜木が流川と手を合わせる場面です。


1点差、山王リードで残り時間わずか・・・。
この1本が試合を決めると言ってもよい展開で、山王からボールを弾いたのは、赤木。


「ふがあっーー!!」

この決定的チャンスに、山王・河田も意地を見せます。


「ぶしっ!!」


両者一歩も譲らない中、河田が弾いたボールを追いかけたのは桜木。

そしてそのボールを託した先は―――



流川でした。


これを得点に結びつけた流川。


が、次の山王のオフェンス。
沢北がエースとしての本領を発揮します。



もう残り時間はなく、湘北にとって絶望的なゴール。


しかし諦めない男がここにもいました。



速攻とはならなかったものの、赤木から流川へボールが託され、流川が攻め込みます。

最後のシュートモーション―――

その脇にはシュートの準備をする桜木。

「左手はそえるだけ…」

それを目にした流川がとった選択――



桜木へのパス――



この息をのむシーンは圧巻の一言・・・。

ゴールを決めた桜木は、ある一点に向かって歩き出します。



その先には、流川が。


顔を合わせた2人がとった行動が、このタッチ・・・!

この二人の初めての協力プレイに、全身が熱くなりました。

常にいがみ合っていた桜木と流川が、勝利という共通目標に向かって無意識に足並みがそろった瞬間です。
はじめは桜木からのパス。
そして最後の試合が決まるラストチャンスを桜木にパスする流川。
流川は情では動かないので、そのとき一番ゴールの確率が高いと瞬間的に判断したのが桜木だったんですよね。自分でシュートにいくよりも。

それまでのことがなかったかのようにパスをし、手を合わせるこの場面はこみ上げるものがありました


最後に、タッチし合った後の桜木と流川も載せておきます。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。

コメント

  1. 匿名 より:

    いまだにこのシーンを見ると感動します!
    台詞がない、ただ絵だけで表現する…素晴らしい!

  2. もと より:

    試合を決めたチームメイト同士が激しくタッチする。
    ごくごく当たり前の光景ですが、
    この桜木と流川がどれだけいがみ合ってきたかというのをずっと見てきただけに、
    この当たり前のはずのシーンが圧倒的な力を発揮しますよね。

    これこそ、この作者の力だと思いました。

  3. 匿名 より:

    仕事前に少し感動。
    今日も頑張るぞー!!

  4. 리코 より:

    今スラムダンクにはまっています。
    お互い嫌っていた2人が、心を開く瞬間が感動しました。

  5. 匿名 より:

    別に流川は最初から桜木の素質を認めてるんで、いがみ合ってるわけではないとは思いますが。

    ど素人の桜木を一瞬で認めたのは流川と仙道だけ。共に天才は天才を知る…です。他は少しずつバスケを覚えた桜木とプレイして認めるに至るだけで。
    赤木に至っては、山王戦でやっと「湘北に必要な男になった」ですから。気付くの遅すぎなわけです。

    そこを読み違えると、スラムダンクの作者の意図から全くかけ離れた読解になってしまいます。
    よくスラダンプレイヤーランキングが議論されますが、仙道以外の「凄いと言われた選手」は全て湘北の「当て馬」「噛ませ犬」です。凄いという触れ込みの選手達を次々と倒して、それを超えて成長していくストーリーにおける。

    • 匿名 より:

      なんか違う、君のコメント。やれ仙道がとか流川がとかでなく、これ以前に主人公の成長がこれほど細やかに表現されたマンガがあったか?
      スポーツ漫画のロジックを変えた秀逸な一品です。