スポンサーリンク

「静かにしろい この音が……オレを甦らせる。何度でもよ」

三井寿の名シーン

「静かにしろい この音が……
 オレを甦らせる。何度でもよ」
『スラムダンク』 / 三井寿
『スラムダンク』 第30巻

シーン解説

沢北相手に善戦し始める流川。
1 on 1 の選択肢にパスも取り入れ、ゲームをコントロールしていきます。

ここでも沢北の裏をかきパスをした、そのボールの行き先は・・・

三井。

怒涛の3Pシュートを決めたことが頭に残っている松本は、必死で三井のシュートを止めにいきます。



ダイレクトにパスを弾く三井

しかしそれを見た三井の選択は、パスでした。
そのボールを赤木が受け取り、見事にゴールします。

三井はシュートではなくパスをした理由を呟きます。


「へへっ……やっぱさっきのスリーが効いてたか…
 松本め アワくって止めに来やがった」


さらに、こう続けます。


「もう オレは腕も上がんねーのによ…」


それを聞いた松本の反応
「くそっやっぱり…もう あいつ限界はとっくに……!!」

松本と同じくそれを聞いていた流川ですが、思うところはあるようで・・・。

また次の選択肢に、三井へのパスを選択します。


三井が言った言葉を信じた松本


「奴はうえてねえ!!」


三井を信じた流川


「そんなタマじゃねーよな」

腕も上がらないと言っていた三井ですが、受け取ったボールをシュートにいきます。


「静かにしろい この音が……」


「オレを甦らせる。何度でもよ」

まさに不死鳥ですね。
実際に三井は限界で腕も上がらない状態というのは本当だと思います。
それでもなお、勝利への執念と3Pのゴールネットを切る音が聞こえるたびに力が戻ってくるのでしょうね。

三井の3Pの中でも特に好きなシーンです。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。