スポンサーリンク

「『負けたことがある』というのが いつか 大きな財産になる」

堂本監督の名言

「『負けたことがある』というのが いつか 大きな財産になる」
『スラムダンク』 / 堂本監督
『スラムダンク』 第31巻

所感

※ネタバレを含みます。

強豪校である名門・山王工業の堂本監督の台詞です。
なかなか聞く言葉ではないですが、名門ならではの名言といえますね。

湘北 vs 山王工業での対戦の後、湘北に敗れた山王メンバーに対し、堂本監督が言った言葉です。

常に頂点にいなければならないという、絶対の自信でもあり、プレッシャーでもある絶対王者・山王工業という名。
その歴史の中で敗北を喫したことは、名門校としてもプレイヤーとしても、非常に大きな意味を持ってしまいます。
負けるということがなく、負けるということがどんな意味を持つかもわかった者たちだからこそ、この言葉の意味もまた大きいのでしょうね。

勝ってばかりの人生では学べないことはたくさんあります。
負けた時の悔しさって、次への大きな原動力になりますしね。

成功しかしたことがない人に付いていきたいともあまり思えないと思います。
負けたことや失敗したことで人間らしさが出てきますよね。

本人たちの怠慢でも監督の戦術ミスでもなく、力と力でぶつかった結果の敗北。
これを乗り越えてさらに大きくなった山王メンバーもまた見てみたいです。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。