スポンサーリンク

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

安西先生の名言

「最後まで・・・希望をすてちゃいかん
 あきらめたらそこで試合終了だよ
『スラムダンク』 / 安西監督
『スラムダンク』 第8巻

所感

スラムダンクの中でも有名な、安西先生の言葉です。
言わずと知れた名言ですね。

これは中学時代の三井に対して、安西先生が声を掛けたときの台詞です。

三井のいた中学・武石中が、県大会の決勝を戦っているときのこと。
ラスト12秒で52対53と1点ビハインド、さらには相手ボール、相手チームはボールを回して時間を稼ぐ作戦という勝利が難しい状況。

それでもチームを盛り上げるため、勝利を諦めないフリをしていた三井。

若かりし頃の三井

この相手ボールになってしまった場面、三井は相手ボールを避けるためボールを追いかけて来賓席にぶつかります。
それでも追い付かず相手ボール。三井に諦めがよぎります。。

そこへボールを拾った安西先生が三井へ渡し・・・


「諦めたらそこで試合終了だよ」

この頃の三井は、今の桜木のように「俺は天才だ!」「俺がいれば大丈夫!」という熱血キャラだったのですが、このときも自分を叱咤するために無理やり「まだいける!」と口に出していた時。
実際には、とは言ったものの絶望的で諦めかけていた・・・という状況でこの一言をもらい、本当に諦めない心で再び試合に臨むことができたのでした。

この諦めない心が三井の原動力となり、県大会優勝を果たしたのでした。

バスケットに限らず、諦めたらその時点で希望はなくなってしまう。
勝つ芽を自分で摘んでしまっては、5%でも1%でもなく、「0%」勝てないことが決まってしまいます。

気持ちで負けないこと、逃げないことを教えてくれるスラムダンク屈指の名言です!


関連:「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。

コメント