湘北チームについて語る安西先生

安西先生の名言

『スラムダンク』 第30巻

スラムダンク (30) (ジャンプ・コミックス)

シーン解説

背中を負傷した桜木ですが、勝利に向け気合は衰えていません。

点差と時間を確認した桜木は、安西先生に問いかけます。


「おいオヤジ 逆転できるよな!! お!?」
「もちろんです」


もちろん、と返す安西先生。
そして湘北メンバーについて語り始めます。


「桜木君がこのチームにリバウンドとガッツを与えてくれた」



「宮城君がスピードと感性を」



「三井君はかつて混乱を
 ほっほっ……のちに知性ととっておきの飛び道具を」



「流川君は爆発力と 勝利への意志を」



「赤木君と小暮君がずっと支えてきた土台の上に これだけのものが加わった」



「それが湘北だ」


湘北というチームを見守る監督としての言葉。
ここまできたら作戦も何もありません。自分たちを信じて突き進むのみ。
そんな思いが詰まった言葉だと思います。


安西先生の言葉を胸に、最後の2分が始まります。

「絶対勝――つ!!!」

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。

コメント

  1. 匿名 より:

    このシーン、ハイタッチの次に泣けたんですが共感してくれる方少ないです。