スポンサーリンク

「晴子……お前が見つけてきた変な男は 湘北に必要な男になったぞ……」

赤木剛憲の名言

「晴子……お前が見つけてきた変な男は
 湘北に必要な男になったぞ……」
『スラムダンク』 / 赤木剛憲
『スラムダンク』 第28巻

シーン解説

三井が3Pを決め続ける中、山王のパスボールが三井に当たりルーズボールとなります。


そのチャンスを見逃さずものにするため走る宮城。

このままでは確実に2点を失うと判断した深津は、宮城をファウルして止めることを瞬時に決めます。


宮城をファウルして止める深津


一瞬の判断として正しいものと思われましたが、笛を吹いた審判がとったのは・・・

深津へのインテンション・ファウル


予想外の判定に驚きを隠せない山王メンバー。

完全に流れが湘北に向かっていることが感じ取れます。


しかし、この流れを作っているのは―――間違いなく桜木でした。
それを感じ取った赤木は、桜木が入部してきた当初を思い出していました。



「身長は190cmくらいあるかなあ……
 バスケは初心者なんだけど―――ゼッタイ スゴイ選手になるから!」



「晴子…お前が見つけてきた変な男は」



「湘北に必要な男になったぞ……」

以前は桜木を認めていなかった赤木が、今は湘北にとって必要と言い切るほど桜木を認めるようになりました。
赤木にとっては桜木の才能ではなく、ここまでの努力とやる気を一番近くで感じていたからこそ出た言葉なのだと思います。

「お前が見つけてきた『変な男』は・・・」というところが何気にいいですよね。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。