スポンサーリンク

「悪いが君の活躍は今のが最初で最後だ。でも恥じることはない。俺に全力を出させたんだから」

沢北栄治の名言

「悪いが君の活躍は今のが最初で最後だ。でも恥じることはない。
 俺に全力を出させたんだから。
『スラムダンク』 / 沢北栄治
『スラムダンク』 第26巻

シーン解説

最初のマッチアップで流川を 1 on 1 で抜き去った沢北でしたが、その次の流川との 1 on 1 で抜かれてしまいます。

油断するなと山王メンバーに言われてムキになった沢北も、深津の言葉を受けて気持ちを入れ替えます。


「エースがやられると相手が勢いづくピョン」
「やられるくらいならいない方がいいピョン」


そして流川に対し、宣言します。

「悪いが君の活躍は今のが最初で最後だ。でも恥じることはない。」


「俺に全力を出させたんだから」


王者・山王のエースとしての自信を窺わせるセリフですね。
沢北にとっては山王としてよりも、自分自身が日本で敵なしと言えるだけの力を持っていると自負しているのでしょうね。


ちょっとムラがありますが・・・(笑)

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。