スポンサーリンク

試合で初めてジャンプシュートを決めるシーン

桜木花道の名シーン

猛特訓で習得したジャンプシュートを桜木が試合で放ったシーン

『スラムダンク』 第24巻

シーン解説

インターハイ、豊玉戦での桜木のジャンプシュート。
安西先生との合宿シュート練習の成果を出したシーンです。

流川が自分の何倍もシュート練習していることを知り、また片目の状態でシュートを決めたのを見て、桜木の闘志も燃え上がります。



無理にジャンプシュートを打とうとする桜木

しかしその勢いが余って無理にシュートにいこうとしますが、さすがに囲まれた状態では打てず・・・。

シュートできなかった桜木ですが、そこに悔しさをわめく姿はなく、反復したシュート練習の苦労を思い出す桜木がいました。



「しまった。今のは上半身だけだった。
 ヒザからだ ヒザから」


再び湘北ボールとなり、赤木がパス先を探していると・・・!
桜木がパス要求を。

先ほどの呟きを聞いていた赤木は、とっさの判断で桜木に任せることを決めます。

赤木にパスを要求してシュートにいく桜木


そして――


そのシュートは見事ゴールに吸い込まれます

他の選手や観客からすると、ただのジャンプシュートを決めただけなのですが、以前の桜木を知っている者は誰もが驚きました・・・!

練習の成果が試合中に結果として出たことに喜び、それを一緒に練習してきた安西先生と分かち合います。

安西先生とのタッチ


そして観客席から見守る、一緒に練習に付き合ってくれた晴子や桜木軍団へガッツポーズを見せました。

グッ

このときは晴子や桜木軍団視点で描かれていて、アングルもいいですよね。
桜木軍団も言っていましたが、雛が巣立つのを見守る親鳥の気分だったのかもしれません。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。