スポンサーリンク

「体が覚えてらっ」

流川楓の名言

「体が覚えてらっ」
『スラムダンク』 / 流川楓
『スラムダンク』 第24巻

シーン解説

インターハイ・豊玉戦で南のひじ打ちを受けた流川は、片目が塞がっている状態でなお試合に出ようとします。

後半、コートに戻った流川ですが、宮城の速攻のパスを弾いてしまうなど・・・やはり片目であることの影響は大きいようでした。

しかしそれでも流川は簡単に諦めるような男ではありません。
パスを受けて、ゴールを狙います。


片目でシュートにいく流川


バスケットはゴールの範囲が決まっており、ゴールの位置も空中であるため上下左右の遠近感が非常に重要です。
そんな中で、試合中に負傷して片目になった状態でゴールを決めることは困難と言えるでしょう。

観戦していた海南・清田が皆の疑問を代弁します。
「遠近感は?」



「体が覚えてらっ」


それでも流川は目に頼らず、体の経験的な動かし方だけでゴールを入れます。

さすが流川と言いたくなるシーンですね。

これに対し、当然と言わんばかりにこの言葉を残します。
かっこいいですね。


「何百万本もうってきたシュートだ」

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。