スポンサーリンク

「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」

宮城リョータの名言

「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」
『スラムダンク』 / 宮城リョータ
『スラムダンク』 第30巻

シーン解説

タイムアウト後、ゾーンプレスで攻めの姿勢を崩さない山王。
「きれいに逃げ切るつもりなど毛頭ない。最終ラウンドまで打ち合いを挑むよ」


ゾーンプレス!!


山王のゾーンプレスに道を阻まれる宮城。
意表を突かれたことと、疲労とで道を切り開くことができません。


「抜けないピョン」

さらに深津は宮城に言います。


「もうキレがないピョン」


深津の言うように、攻めあぐねる宮城。
湘北メンバーからも声援が飛びます。


長身が2人がかりで止めに来ている状態・・・

それが宮城に火をつけます。


「こんな でけーのに阻まれてどうする」



「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」


気合を入れる宮城・・・!

次の瞬間―――

超低空のドリブルで山王のディフェンス2人を突破することに成功します。

バスケットは長身の人のスポーツである側面は否めませんが、身長が低いといえど前に進めることを教えてくれる名場面です。
宮城のアツさに痺れますね。

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。