スポンサーリンク

「大好きです。今度は嘘じゃないっす」

桜木花道の名言

「大好きです。今度は嘘じゃないっす」
『スラムダンク』 / 桜木花道
『スラムダンク』 第30巻

シーン解説

山王相手に追い上げを見せる湘北。
河田に無意識に恐れを抱いていた赤木でしたが、ここぞという場面でそれを乗り越えます。

その大きな体でぶつかっていく赤木。
ゴールはなりませんでしたが、ディフェンスファウルをとります。



ゴールリングに弾かれる赤木のシュート


しかし弾かれたボールに反応したのが桜木です。


「入ってろ!!」


ゴールに押し込んだ桜木ですが、異変が・・・!


桜木がダンクしたゴールはファウルの後のためカウントはならず。
赤木のフリースローとなります。


そこにフラリと前に出る桜木。
フリースローも赤木だと周りが声をかけますが・・・聞こえていないようでした。



崩れ落ちる桜木を支える赤木

背中を痛めていたことを彩子に伝えた際、選手生命に関わると言われた桜木。
これでもうこの試合も、バスケットもできないのかと問いかけます・・・。


「これで終わりっすか…? ………バスケット」


「ちくしょう……」


薄れゆく意識の中、バスケットとの出会いや今までの練習、ライバルとのやりとりが蘇ってきます。


最後に頭の中に浮かんできたのは、晴子の言葉でした。

「バスケットは…好きですか?」

桜木が不意に立ち上がり、その言葉に今の気持ちを答えたのがこの言葉でした。


「大好きです。 今度は嘘じゃないっす。」

好きな名言・名シーンに投票してください♪ (複数回答可)

スラムダンク名言ランキング結果

コメントに感想・エピソードなど自由に書き込んでください!^^
※ 誹謗・中傷、スパム等、悪質と判断したものは削除させて頂く場合があります。